History

私たちは、新しく何かを生み出し伝えることの価値について考えています。
すでにある正解のルートを辿ることは簡単ですが、そこに新しい体験は生まれません。
探すこと、選ぶこと、決めること。
迷うこと、考えること、発見すること。
この経験をより多くの人と共有するために、THE FLAVOR DESIGN®︎は生まれました。
これまでに数多くの企業やブランドが生まれては廃れてきました。
素晴らしいアイデアや技術、デザインを持っているだけでは道を切り開いていけません。
人の心を動かし世代を超えて愛されることで、遠く思えた目的地に辿り着けると信じています。
1996年から今日まで世界中を旅して得た経験が、私たちをここまで運んでくれました。
今はより多くの人たちと、新しい目的地を目指している最中。

もちろん、あなたも一緒に。

1996~

17歳の少年とインセンス

つけることの楽しみ、つくることの喜びは、全ての人に共通する幸せだと感じています。

THE FLAVOR DESIGN®︎のそもそものルーツは、17才の少年が小さな店で出会ったインセンス。
当時は珍しくて高価だった一つのインセンスを分解し、原材料を調べ探して、独学でインセンスを作ったのが全ての始まりです。
見つけること・つくることに魅了された17才の少年は大人になり、世界中をめぐり、そこで得たエッセンスを落とし込んだ香りのポップアップをニューヨークで展開。

ニューヨークで得た経験を日本に持ち帰り、2015年にTHE FLAVOR DESIGN®︎を本格的にスタートさせました。
創業だけでいうなら2015年ですが、その構想は25年前の偶然の出会いから、すでに始まっていたのです。

THE FLAVOR DESIGN®︎が提案する「Flavor Shake®︎」は、
研究と開発を続けたこの長い年月を追体験することができます。
25年に及ぶ期間を追体験すること、自分の想像したものを形にするという経験は、あなたに新しい何かをもたらすかもしれません。

1997~

コレクションすること

私たちは創造する「クリエイター」ですが、そのルーツは「コレクター」で「セレクター」です。
素敵なものを集めるのがすごく好き。
私たちが生み出すモノには、語られるべき「ストーリー」があります。

例えば23年前、ラスベガスのホテル・マンダレー・ベイを訪れた時。
エントランスに足を踏み入れた瞬間、華やかなのにどこか翳りのあるような香りが鼻腔に届きました。
今では当たり前になった香りの演出も当時はめずらしく、その強烈な印象はいまも記憶に残り、懐かしいラスベガスの街並みを鮮明に思い出させてくれるのです。
ラスベガス滞在中は、日本ではまだ売られていなかった洋服や香水を買い集め、旅先でも毎日のように服を着替え、香水を付け替え、ファッションを楽しんで過ごしました。

服ひとつ、香水ひとつには、誰かに話したい経験や感動が詰まっています。
手にするまでの過程も感情も、すでにコレクションの一部なのです。
あの時は何になるかわからなかったモノが集まり、つながって、今のTHE FLAVOR DESIGN®︎の形が出来上がりました。

もし何にも興味がなかったら。もし適当に買えるもので満足していたら。
きっと新しいものは生まれていなかったでしょう。
そして、コレクションしたものや経験や感情を、誰ともシェアすることがなかったら。
それは少し退屈だったはずです。

今こうして私たちのコレクションを多くの人に楽しんでもらえていることは、本当にコレクター冥利につきます。
ものに価値があるのではなく、意味のあるものだから価値がある。
私たちの信念であり、そうありたいという願いでもあります。

1998~

旅すること

一つのインセンスから始まったTHE FLAVOR DESIGN®︎。
25年前から想像してきたことを形にするために、私たちは世界中を旅してきました。

1996年から現在までに訪れた国は10ヶ国、40以上の街を巡ってきました。
現地で得たインスピレーションや土地の人が育んだセンスを、スタイルに落とし込み表現するTHE FLAVOR DESIGN®︎。

店舗の扉を開ける瞬間。
内装のギミック。
香りにつけられた名前の意味。
香りが表現する情景。
言葉では伝えきれないこれらの感覚が、細部にまで散りばめられています。

感覚を形にすることを「仕事」に選んだ私たちの、最も得意とする部分です。
この言語化できない感覚は、経験した人同士ならきっと一言でわかりあうことができるでしょう。
その一言がどんなものになるのかは、あなたのルーツが知っています。

旅をすること、実際に体験することは、私たちに多くのことを教えてくれます。

ただ「知る」だけではわからない。
直接触れて「感じる」ことの意味をぜひ体験してみてください。

2016~

THE FLAVOR DESIGN®︎ FLAGSHIP STORE "OSAKA"

多くの試行錯誤や困難を、遊びながら楽しみながら乗り越えて作り上げたTHE FLAVOR DESIGN®︎のスタイル。

2016年4月1日、友人の結婚式で訪れた「ブリックタウン」の空気感をイメージした1号店が、大阪に誕生しました。

古めかしいブリックにネオンサイン、クラックの入ったモルタルのフロア、エジプシャンランプ。

ノスタルジックと今の感性を融合させた1号店は、THE FLAVOR DESIGN®︎のアイコンです。

偶然の出会いを自ら探しにいく、掴む、感じる、創造する。

私たちの提案する新しい香りの遊び方は、たくさんの人に共感していただいたおかげで、今は日本全国に7店舗となりました。

フラッグシップストアとして、大阪店は今日も新しい香りを作り続けています。

FLAGSHIP STORE "OSAKA"

2018~

コラボレーション

これまで数多くの出会いがありました。

個性やセンスを高め合える仲間との出会いが、新しい香りと商品を生み出しました。

コラボレーション商品は50種類以上。

その一つ一つに、クリエイターがセンスをぶつけあったストーリーがあります。

限定で今はもう手に入らないものや、今なおロングセラーとして愛されている香りもあります。

ブランドやアーティストの存在を香りという角度から切り取り表現する、そんなコラボレーションを、これからも発表していきます。

どこかで見かけたら、ぜひ手にとってみてください。

  • 2017年
  • 2018年
  • 2019年
  • 2020年
  • 2021年
  • 2022年

2017年

《コラボレーションアイテム》
acoustics stylus
Carol

《ワークショップ》
NY/アメリカ
CA.SF.LA.HI/アメリカ
etc.JOURNAL STANDARD/大阪
HAWAII LIFE/大阪
journalstandard/大阪
kairamban carnival/大阪
Le dome EDIFICE et IENA/東京
Push Me Please/大阪
Sunny Siders/大阪
難波高島屋/大阪
乱痴気/大阪
PLAY THE EARTH/神奈川
海豚/神奈川
wear names./秋田(the beach party caravan)
kia/岩手(the beach party caravan)
ROYAL HAWAIIAN TABLE EAST/石川
AMIDA/岐阜
Le dome EDIFICE et IENA/名古屋
crouka./京都
lilli/三重
forever coffee market/広島
dros dro/鳥取
kirrapoint/鳥取
BROWN SUGAR/沖縄
GoMe FES/沖縄
THE BEACH CHARAVAN/沖縄

2018年

《コラボレーションアイテム》
acoustics stylus
BES
carol
CURLY&CO.
Johnbull
JOURNAL STANDARD L’ESSAGE
Metis
OVER RIDE
rroomm
SC WORLD+
SQUARE FUNITURE
URBAN RESEARCH ROSSO
URBAN RESEARCH musve

《ワークショップイベント》
Brooklyn Roasting Company/大阪
FAN J twice/大阪(One Sea Caravan2018)
green Cafe はちけんや店/大阪
Island Bar MELE/大阪
Johnbull Private labo Osaka/大阪
rroomm/大阪
Sambanatural/大阪
大阪高島屋/大阪
大丸松坂屋百貨店/大阪
難波高島屋/大阪
diesel/東京
maison IENA/東京
PLAY THE EARTH/神奈川(One Sea Caravan2018)
PARK/ING/静岡(One Sea Caravan2018)
HUUKU/愛知
RIZZLA/愛知(One Sea Caravan2018)
UR ROSSO MINT KOBE/兵庫
Concept Shop Crouka/京都(One Sea Caravan2018)
伏見酒造小路/京都(One Sea Caravan2018)
波まち酒場/滋賀
drodro/鳥取(One Sea Caravan2018)
Johnbull Private labo HAKATA/福岡
LEATHER TRAMP&MEGAHEARTZ/福岡(One Sea Caravan2018)
SAKABA LARGE BUS/福岡(One Sea Caravan2018)
acoustics stylus/熊本
GOOD DEAL CAFE/熊本(One Sea Caravan2018)
塚脇地蔵講130周年/大分(One Sea Caravan2018)
Cinema Heaven/宮崎(One Sea Caravan2018)
I HOPE SO/沖縄

2019年

《コラボレーションアイテム》
AAAMYYY
acoustics stylus
ciatre
carol
PUBLIC TOKYO tennoji
URBAN RESEARCH ROSSO

《ワークショップイベント》
cocktail ROOM at club JOULE/大阪
Le Dome EDIFICE/IENA/大阪
N_HOLYWOOD/大阪
PUBLIC TOKYO tennoji/大阪
阪急百貨店うめだ本店/大阪
WTW MOTOMACHI/兵庫
Shakehandscafe/三重
drosdro/鳥取
山形屋/鹿児島

2020年

《コラボレーションアイテム》
AAAMYYY
acoustics stylus
carol
I HOPE SO
jacksonmatisse
KNOCKOUT
PUBLIC TOKYO
+81

《ワークショップイベント》
journal standard furniture/大阪
noble/大阪
PUBLIC TOKYO/大阪
PUBLIC TOKYO tennoji/大阪
unitedtokyo/大阪
PUBLIC TOKYO/東京
FREAK’S STORE/静岡
FREAK’S STORE/東京
unitedtokyo/名古屋
journal standard furniture/福岡
unitedtokyo/福岡
the corner/沖縄

2021年

《コラボレーションアイテム》
acoustics stylus
A LOVE MOVEMENT
Aresense
BLAUBERG AN DER KUSTE
BAGGY PORT
calee
carol
Chikashitsu+
edifice accent
EN MER/朝倉海
ete
FREAK’S STORE “parterre”
harapeco
JIMMYS
KAJA
KNOCKOUT
lloomm
Phenom
+81
tokishirazu
UNTITLED
ZIN
10010

《ワークショップイベント》
LUCUA110//大阪
FREAK’S STORE/長野
FREAK’S STORE/静岡
agnes_cafe/沖縄
the COLORFUL/沖縄

2022年

《コラボレーションアイテム》
acoustics stylus
UNTITLED
Banksy展
UHA味覚糖

《ワークショップイベント》
FREAK’S STORE古河本店/茨城
FREAK’S STORE/長野
FREAK’S STORE/静岡
PUBLIC TOKYO/東京
UNTITLED青山/東京
新宿伊勢丹/東京
UNTITLED神戸/兵庫

※2022年2月15日 更新

2019~

THE FLAVOR DESIGN®︎ STORE "TOKYO"

ラボのようなアカデミックな内装のTHE FLAVOR DESIGN®︎ STORE "TOKYO" は、2019年7月12日にオープンしました。

真っ白な内装にメタリックのローカウンター。
ネオンサインもブルーとホワイトで統一し、洗練されたデザインに。

関西圏以外のお客様にも私たちの特別な香りを楽しんでいただくために、新たなエッセンスを加えて作ったお店です。
中目黒を選んだのは、その街が特別だから。

都会に暮らす人にとっては、いつもの喧騒から少しだけ離れて過ごす時間を。
東京観光に訪れる人には、東京らしくも落ち着きのある時間を。
新しいものが溢れては過ぎていく東京に、新しくも古臭いTHE FLAVOR DESIGN®︎のスタイルを立ち上げました。
凛としたルックスとリラックスした空気感。

思い出に残る香りをぜひ。

STORE "TOKYO"

2020~

THE FLAVOR DESIGN®︎ STORE "OKINAWA"

1900年代の外人住宅をリノベーションした、THE FLAVOR DESIGN®︎ STORE "OKINAWA"。
ノスタルジックな佇まいのシンプルでフラットな建物が並ぶ景色は、日本本土にはないロケーションです。

フラットハウス特有の浅い軒先きには、ギミックを効かせたネオン管。
窓のルーバーやフロア、カウンター、金具などの細部に到るまで、そのすべてが別注品です。

現地に根付いた文化やライフスタイルを感じられる場所。
アメリカ人や沖縄の人々が実際に暮らしてきた場所。
新しい香りのスタイルが交わる場所。
私たちの新たな店舗は、沖縄でしか表現できないものになりました。

海に溶けるように沈んでいく夕日、濃密な風の香りは、まるでロサンゼルスやハワイのよう。
ミントグリーンが似合うリゾートの空気を、ぜひ体感してください。

STORE "OKINAWA"

2021~

THE FLAVOR DESIGN®︎ STORE "KOBE"

穏やかな街並みに佇むRETRO BASE plus THE FLAVOR DESIGN®︎ STORE "KOBE"。

1960年代の建物とヴィンテージランプの傍に、鮮やかなBlue×Whiteのフラッグを掲げました。
かつて東洋のウォール街と謳われた神戸の街並みには、時代の変遷を感じさせる魅力があります。

神戸異人館から神戸居留地、乙仲通りを歩き巡れば、まるでタイムスリップしたかのよう。
どこを切り取っても、レトロ風ではなく本物のレトロ。
扉を開ければ、ビル建設当時そのままのブリックの壁が現れます。

部屋の奥には無機質な空間に刻まれたトリックアート。
当時の建築職人と現代のアートには、時代を超えた研鑽と尊敬が込められています。

ウェイティングバーのようなハイカウンターで、専属のスタッフが手がけるあなただけの香り。
神戸らしくオリジナルな雰囲気を纏って。

STORE "KOBE"

THE FLAVOR DESIGN®︎ STORE "KAMAKURA"

日本文化とミッドセンチュリーが融合する、THE FLAVOR DESIGN®︎ STORE "KAMAKURA"。

江戸時代から愛されてきた江ノ島の景色と、史跡の残る街並み。

ゆっくりと流れる時間の中に、私たちのお店は静かに佇んでいます。

藍色、のれん、提灯。

ギャラリーのように重厚な扉を開けた店内には、50年代のアメリカンヴィンテージ家具が並んでいます。

香りとアートを全身で感じられるのは鎌倉店の魅力。

外と中をつなぐ扉とフロア、鮮やかなアート、豊かな香りの数々が、あなたの旅を彩ります。

STORE "KAMAKURA"

THE FLAVOR DESIGN®︎ STORE "KUMAMOTO"

海岸線沿いに並んだ優雅な雰囲気が漂う街と魅惑的な南カリフォルニア・オレンジ・カウンティーにあるニューポートビーチハウスにフラッシュバッグ。

ellis Ava沿いをドライブすると青空にパームツリー。 
リラックスした時間、吹き抜けと開放感がある空間とエメラルドグリーンに輝くカウンター、
カジュアルで誰もが満喫できるのがここstore KUMAMOTO。
Ruby's Greenとプライスウォールがアクセント。

STORE "KUMAMOTO"

Mover & Shake Prod. by THE FLAVOR DESIGN®︎

THE FLAVOR DESIGN®︎ が新たに手がけるストア「Mover & Shake」は自分自身への問いかけです。

すべてのコトとモノを発想でつなぐ。
直感を照らす新たな形の答えを求めて、自ら変化し、発信し、ひたむきに続けていく。

選ぶ、香る、描く、重ねる。

アーティストとアイデアとデザイナーが織りなす最先端のコンセプトは「Mover & Shake」ならでは。
計算されたプロダクトも、選び抜いたデザインも、まるでフィルムの一コマのような空間も。

すべては「時間・空間・体感」の価値を確かめるため。
体と心が揺れ動く交差地点には、日々新しいストーリーが生まれます。

模造品ではない意味のあるモノを世界から。
新しい世界の答えを一緒に。

Mover & Shake

2022~

Flavor Shake®︎

香水でもない、ルームフレグランスでもない。

それがTHE FLAVOR DESIGN®︎の「Flavor Shake®︎」。

私たちは2016年に世界で初めて、すべてを自分の好みにカスタマイズできるファブリックミストをリリースしました。

香りの組み合わせとバランス、ボトルにつける名前や色。

すべてが自由に選べるスタイルは、17歳の少年が長い間追い求めてきたものです。

大阪に店舗を構えてから5年。

これまでは「好きな香りを作れる」や「DIY」という呼び方で、多くの人々に親しまれてきました。

そう。このスタイルにはずっと名前がなかったのです。

一般的には布に使える香り商品なので、ただファブリックミストと呼ぶのが適当でしょう。

ですが、私たちが売っているのは商品だけではありません。

お店に入った瞬間の空気、香りに対する感度、会話まで「すべてを包括した名前」が必要だったのです。

「たくさんの香りと体験が、あなたの気持ちを動かし揺らす。」

そんな思いを込めて「Flavor Shake®︎」という名前を付けました。

今の自分を表現できる「Flavor Shake®︎」は、新しいスタンダードを提案しています。

ただのファブリックミストなのか、それだけではない意味があるのか。

どこに価値を見つけてもらえるかは、あなたの感性にお任せします。

名前を新たにした「Flavor Shake®︎」以後お見知りおきを。

Flavor Shake®︎のご予約